肌に自信が無いなら皮膚科に行ってみよう|解決策がある

皮膚科の早期の受診が大切

フット

存在が周知されました

日本人は水虫を罹患する割合が、多いほうであると言われています。日本人に水虫が多い理由は、湿度の多い気候であることが関連しています。水虫の原因となるのは、カビの一種である白癬菌です。カビは湿度の高い環境を好むので、日本の気候は水虫にとって良い環境になっています。そうした水虫は、白癬菌が皮膚に感染して、水泡ができるためにこの名称が付けられています。しかし白癬菌は皮膚だけではなくて、爪にも感染することがあるのです。このような白癬菌が爪に感染した状態を、一般的に爪水虫と呼んでいます。ところが以前までは、爪水虫の存在があまり周知されていませんでした。しかし最近は情報伝達が発達して、以前よりも周知されるようになっています。そのため最近は、爪水虫の治療が人気を得るようになり始めたのです。

自覚症状が少ないです

爪水虫の治療の問題点は、自覚症状が一般の水虫よりも、少ないということです。一般の水虫であれば、水泡ができることや水泡が破れることで、痒みが生じ易くなります。これに対して爪水虫は、痒みなどをほとんど感じません。病気を患った際の原則は、早期治療を実施することです。そのためには早期発見が大切なのですが、自覚症状が少ないと治療の開始が遅れ易くなります。治療の開始が遅れると、治り難くなるために、治療期間も長くなります。そのため爪水虫は、治癒まで時間がかかることが多いのです。そうした点で皮膚科は、爪水虫のこうした特徴をよく理解しています。そのうえで抗真菌薬の飲み薬を中心に、治療を行うことが一般的です。したがって爪水虫が疑われるときは、皮膚科に早期に受診することが大切になります。

人気記事

医者

医療や美容に役立つ成分

プラセンタは、人や馬、豚など哺乳動物の胎盤のことで、胎盤から抽出したエキスは医療や美容に役立てられています。大阪のクリニックでは、アンチエイジングや、美白などの施術にプラセンタを使っています。また、アレルギーや鼻炎症状にもプラセンタは効果があり悩みを解消することができます。

詳しく見る

ドクターとナース

皮膚科で処方をしてもらう

足水虫は、カビの一種の白癬菌が原因で発症する病気ですが、水疱や皮のめくれ、強い痒みなどの症状が見られます。市販の薬は皮膚科の商品に比べると、効き目が弱く、再発がしやすい傾向があります。きちんと治したい人は、皮膚科で適切な薬を処方してもらって下さい。

詳しく見る

ナース

まずは病院で検査

爪水虫は白癬菌が爪に感染した状態で、かゆみがないため気づかない人も多いといわれています。塗り薬での治療は出来ないため、皮膚科を受診して処方された飲み薬で完治を目指すのが一般的です。また、レーザー治療を行う病院も出てきています。

詳しく見る

病院

女性に多い悩みを除去する

皮膚科ではシミ取りの治療の一つとして、レーザー治療を行っています。レーザー治療は保険がきかずに自費診療となります。セルフケアも必要で、また適応しているシミの種類や体質があるために、事前に医師と相談して受ける必要があります。

詳しく見る