肌に自信が無いなら皮膚科に行ってみよう|解決策がある

知っておきたい治療法

足

一般的な足水虫と異なる

水虫と聞くと強い痒みがあってジクジクとする水虫を思い浮かべますが、これは足水虫と呼ばれるものです。実は水虫には他にも種類があり、爪が厚くなったり変形したりする爪水虫があります。爪水虫は一見すると一般的な水虫のような症状がありませんので、ついつい見落としがちです。特に年齢を重ねると爪が自然に厚くなっていく人もたくさんいますので、爪水虫だと気付かずに過ごしてしまうことがあります。しかし、放置したまま症状がすすんでしまうと、爪の変形が酷くなって歩く時に痛みを感じるようになりますし、新たな水虫の原因になる可能性もあります。思い当たる症状がある場合にはなるべく早く受診して、適切な処置を行うことが大切です。

皮膚科で行われる治療

爪水虫の症状が出て受診すると飲み薬が処方されます。一般的な水虫である足水虫の場合には塗り薬が主に使われますが、爪水虫の場合には飲み薬が主流です。なぜ飲み薬が使われるのかというと、爪は硬いので塗り薬を塗ってもなかなか水虫菌まで届かせることができないからです。飲み薬なら体内に直接取り入れることができますので、内側から菌の繁殖を抑えることができます。皮膚科で処方される飲み薬は非常に高い効果を発揮します。長年爪水虫に悩んでいた人でも、一定期間続ければかなりの確率で良くなります。ただし、飲み薬が使用できないケースもあり、肝機能障害があったり妊娠していたり、他の薬を服用している場合には使用できない可能性があります。

人気記事

医者

医療や美容に役立つ成分

プラセンタは、人や馬、豚など哺乳動物の胎盤のことで、胎盤から抽出したエキスは医療や美容に役立てられています。大阪のクリニックでは、アンチエイジングや、美白などの施術にプラセンタを使っています。また、アレルギーや鼻炎症状にもプラセンタは効果があり悩みを解消することができます。

詳しく見る

ドクターとナース

皮膚科で処方をしてもらう

足水虫は、カビの一種の白癬菌が原因で発症する病気ですが、水疱や皮のめくれ、強い痒みなどの症状が見られます。市販の薬は皮膚科の商品に比べると、効き目が弱く、再発がしやすい傾向があります。きちんと治したい人は、皮膚科で適切な薬を処方してもらって下さい。

詳しく見る

ナース

まずは病院で検査

爪水虫は白癬菌が爪に感染した状態で、かゆみがないため気づかない人も多いといわれています。塗り薬での治療は出来ないため、皮膚科を受診して処方された飲み薬で完治を目指すのが一般的です。また、レーザー治療を行う病院も出てきています。

詳しく見る

病院

女性に多い悩みを除去する

皮膚科ではシミ取りの治療の一つとして、レーザー治療を行っています。レーザー治療は保険がきかずに自費診療となります。セルフケアも必要で、また適応しているシミの種類や体質があるために、事前に医師と相談して受ける必要があります。

詳しく見る