肌に自信が無いなら皮膚科に行ってみよう|解決策がある

治りにくい症状を改善

相談

内服薬がメインの治療に

爪水虫になると、なかなか症状が改善されません。特に爪の変形や厚くなるのが爪水虫の症状であるという知識を持たず、発見が遅れてしまった時には、症状がかなり進んでしまいますので、改善するのが難しくなります。自分の抱えている症状が爪水虫だと分かったら、早めに皮膚科を受診することが大切です。皮膚科での治療は飲み薬がメインであり、体の内側から水虫菌を殺菌したり繁殖を抑えることができますので、効率良くケアを行うことができると人気です。皮膚科に通い始めれば着実に症状を軽くしていくことができるのですが、何の対処もしないと変形が進んで歩く時に痛みが出るケースもあります。治療は負担も少ないので、早期の受診をお勧めします。

治療に当たり注意すべき点

治療を受けるに当たり、注意しなければならないことがあります。実は爪水虫の治療に効果のある飲み薬は服用できないケースもあり、検査で使用不可であると判断されれば処方されません。これは薬ですので仕方の無い部分もありますが、長年放置してしまって症状が悪化してから通い始めた場合、他の対処法を探すのに苦労します。服用できないケースとしては、肝機能障害のある方や他の病気の治療により薬を服用している方、妊娠している方や高齢の方等です。肝機能障害があると副作用が強く出る恐れがありますし、薬の飲み合わせによっては健康を損ねる可能性があります。妊娠中や高齢の方も飲み薬の影響を強く受けてしまいますので、リスクが高くなります。

人気記事

医者

医療や美容に役立つ成分

プラセンタは、人や馬、豚など哺乳動物の胎盤のことで、胎盤から抽出したエキスは医療や美容に役立てられています。大阪のクリニックでは、アンチエイジングや、美白などの施術にプラセンタを使っています。また、アレルギーや鼻炎症状にもプラセンタは効果があり悩みを解消することができます。

詳しく見る

ドクターとナース

皮膚科で処方をしてもらう

足水虫は、カビの一種の白癬菌が原因で発症する病気ですが、水疱や皮のめくれ、強い痒みなどの症状が見られます。市販の薬は皮膚科の商品に比べると、効き目が弱く、再発がしやすい傾向があります。きちんと治したい人は、皮膚科で適切な薬を処方してもらって下さい。

詳しく見る

ナース

まずは病院で検査

爪水虫は白癬菌が爪に感染した状態で、かゆみがないため気づかない人も多いといわれています。塗り薬での治療は出来ないため、皮膚科を受診して処方された飲み薬で完治を目指すのが一般的です。また、レーザー治療を行う病院も出てきています。

詳しく見る

病院

女性に多い悩みを除去する

皮膚科ではシミ取りの治療の一つとして、レーザー治療を行っています。レーザー治療は保険がきかずに自費診療となります。セルフケアも必要で、また適応しているシミの種類や体質があるために、事前に医師と相談して受ける必要があります。

詳しく見る