肌に自信が無いなら皮膚科に行ってみよう|解決策がある

治療方法とは

フット

飲み薬が効果的

水虫に悩まされている人は、実は日本人の場合は5人に1人と言われています。それほど多くの人が水虫に悩まされている原因として、水虫になりやすい環境が整っていることが一番の問題でしょう。水虫は高温で湿度が高い状態で繁殖しやすく、日本の季節などを考えた場合は条件がマッチしてしまうのです。水虫は白癬菌と呼ばれるカビが皮膚に付着して起こる症状であり、感染は皮膚が傷ついた部分から菌が繁殖していくのが一般的です。酷い症状になってくると、炎症を起こしてしまい歩くことも辛く感じてしまうようになるでしょう。また、水虫の種類も多く痒みや痛み、そして爪の中に入り込むタイプなど全部で4種類あると言われえいます。この症状を完治させることは、実はとても難しいことなのです。全ての菌を取り除くことを意識した治療が行われますが、治療は長期的に考えていくことになります。具体的な治療方法としては、軟膏やクリームタイプの塗り薬を使用することが一般的です。こうした軟膏剤などを使用して、直接水虫菌を取り除くことを行います。しかし、症状が酷くなってくるとこうした軟膏剤などでは効果が薄くなってしまうことがあるのです。皮膚科などでは軟膏剤と一緒に飲み薬も処方されることもあり、体の内側から水虫菌の除去を行います。また、爪の中に入り込んでいる水虫菌については、軟膏剤などでは効果がほとんどなく、飲み薬で対処する方法が取られるのが一般的な治療方法です。

人気記事

医者

医療や美容に役立つ成分

プラセンタは、人や馬、豚など哺乳動物の胎盤のことで、胎盤から抽出したエキスは医療や美容に役立てられています。大阪のクリニックでは、アンチエイジングや、美白などの施術にプラセンタを使っています。また、アレルギーや鼻炎症状にもプラセンタは効果があり悩みを解消することができます。

詳しく見る

ドクターとナース

皮膚科で処方をしてもらう

足水虫は、カビの一種の白癬菌が原因で発症する病気ですが、水疱や皮のめくれ、強い痒みなどの症状が見られます。市販の薬は皮膚科の商品に比べると、効き目が弱く、再発がしやすい傾向があります。きちんと治したい人は、皮膚科で適切な薬を処方してもらって下さい。

詳しく見る

ナース

まずは病院で検査

爪水虫は白癬菌が爪に感染した状態で、かゆみがないため気づかない人も多いといわれています。塗り薬での治療は出来ないため、皮膚科を受診して処方された飲み薬で完治を目指すのが一般的です。また、レーザー治療を行う病院も出てきています。

詳しく見る

病院

女性に多い悩みを除去する

皮膚科ではシミ取りの治療の一つとして、レーザー治療を行っています。レーザー治療は保険がきかずに自費診療となります。セルフケアも必要で、また適応しているシミの種類や体質があるために、事前に医師と相談して受ける必要があります。

詳しく見る